【2021年】千葉駅で小論文対策ができるおすすめ塾・予備校5選

「大学に推薦入試で合格したいけど、”小論文”やったことないんだよなー」

「行きたい大学のAO入試に”小論文”があって不安、、」

 

そんな方に向けて、この記事を書いています。

実は、私自身も高校時代、小論文対策にとても苦労しました。

志望校の入試で小論文があると知ったときは、「まあ、なんとかなるか」と思っていましたが、実際にやってみるとなかなかうまく書くことができませんでした。

 

しかし、人生を左右する大学の入学試験ですから、小論文対策をしっかりする必要があると思い、いろいろと小論文について調べながら、対策をしていきました。

 

そのおかげで、なんとか志望校である旧帝大のAO入試を突破することができました。

 

この記事では、そんな旧帝大の小論文試験を突破した私がおすすめする、千葉駅周辺で小論文対策ができる塾・予備校を紹介します!!

 

総合型選抜(AO入試)・学校推薦型選抜の小論文対策に必要なことは?

最近、注目が高まってきている総合型選抜(AO入試)学校推薦型選抜

実際、私立大学では2人に1人が推薦入試で大学に進学していて、国公立大学でも総合型選抜(AO入試)を採用する大学が増えてきています。

 

そのため、総合型選抜(AO入試)・学校推薦型選抜でよく課される「小論文」の対策をしたい受験生も増えてきています。

 

しかし、小論文対策とはいっても、具体的に何をすればよいのか分からないという人も多いでしょう。

そこで、まず小論文対策は何をすればよいかを把握しましょう。

 

総合型選抜(AO入試)・学校推薦型選抜の小論文とは?

 

まず、そもそも小論文とは何かを確認しましょう。

分かりやすいように小論文と作文・感想文の違いを表にまとめました。



 

 

小論文

作文・感想文

内容

自分の意見とその根拠

自分の体験や感想

求められること

論理的・客観的であること

一般的なものではなく、主観的であること

文学的な表現

不要

使用してもOK

文体

「だ・である」

「だ・である」「です・ます」

どちらでも統一されていればOK

文章構成

「序論・本論・結論」が基本     

特に制限なし

 

 作文・感想文なら自分の思ったことを自由に書いて大丈夫です。

しかし、小論文では、設問に対する自身の意見をその理由と合わせて、決まった文章構成に合わせて述べていく必要があります。

 

そして、「主張が明確か」「意見・主張に対する適切な根拠が示されているか」「文章構成が分かりやすいものか」などの点で評価が決まります。

 

小論文対策のやり方

まず、作文と小論文の違いや、小論文で点数を取るための知識について学びましょう。

先ほどざっくりと紹介しましたが、小論文でどこを評価されるのかについては必ず参考書などで勉強しておきましょう。

 

評価される点を知らないと、どれだけ練習しても良い点数を取ることはできません。

 

評価される点がわかったら、次は、文章を書くときの助詞や接続詞の使い方、段落構成についてのルールを学びましょう。

 

ルールを知らずに書いてしまうと、変なところで減点されてしまうので、必ず確認しておきましょう。

 

そして、評価される点・文章を書くルールがわかったら、いよいよ小論文の練習です。

実際に、小論文を書く練習を積み重ねなければ、上達はしません

 

さらにここでポイントがあり、文章を書いたら、ひとに見てもらうようにしましょう

小論文を練習中の自分で、自分が書いた文章を見返しても、良いのか悪いのかがなかなか分からないものです。

可能であれば、小論文対策をしてくれる先生に添削してもらいましょう。

 

千葉駅周辺でおすすめの小論文対策ができる塾・予備校5選

小論文とは何か、小論文対策のやり方が分かったところで、いよいよ千葉駅周辺で小論文対策ができる塾・予備校を紹介していきます!

 

武田塾 千葉校

「授業をしない」で有名な武田塾。

英語や数学といった科目の個別指導も行っていますが、「小論個別特訓」という小論文対策に特化したコースがあります。

 

小論個別特訓では、小論文を専門に、長年全国の受験生を指導しているプロの先生に添削してもらえます

 

生徒は、2週間に1度、課題を提出します。

その後、添削動画が返却されます。

 

自分が書いた小論文に点数がつけられて、問題点や改善点などを動画で教えてくれます。

 

そのため、小論文の書き方がわからない方でも、添削を通して徹底的に学ぶことができます。

 

同じ課題でもう一度小論文を書いたり、志望校でよく出るテーマに取り組んだり、過去問に取り組んだりして小論文の書き方をマスターしていきます。

 

城南コベッツ 西千葉教室

城南コベッツには、目的に合わせて様々な授業コースを選ぶことができる「目的別個別指導」があります。

 

その中の「推薦対策コース」では、総合型選抜(AO入試)・学校推薦型選抜で必要になる志望理由書・面接指導・小論文対策をすべてサポートしてくれます!

 

志望校の入試日程に基づいたスケジュール管理もしてくれるため、安心して準備に取り組むことができます。

 

個別指導Axis(アクシス) 千葉新宿校

アクシスは、有名大学や難関大学はもちろん、医療系、専門学校などの小論文対策もサポートしてくれます。

 

小論文のテーマは、各大学・学部で大きく傾向が分かれます。

そのため、過去の入試データを参考にしながら、出題されやすいテーマに関する知識を学んでいきます。

 

また、書いた小論文が独りよがりな主張になっていないかの添削も、もちろんしてくれます。

 

小論文スクール

小論文スクールは、オンラインの小論文専門塾です。

 

指導は、インターネット会議システムを使ったオンライン授業となっています。

1対1の個別授業のため、オンラインでも、専門の講師としっかり双方向のコミュニケーションを取ることができます。

 

わざわざ塾・予備校に通うことなく、すべて家でやりたいという方にはおすすめです!

 

また、志願理由書講座や面接講座もあり、小論文以外の推薦入試に必要な対策もまとめて行うことができます。

 

河合塾 千葉現役館

大手塾・予備校として有名な河合塾。

小論文対策ができる講座も「小論文」「推薦・総合入試対策(映像)」「医系小論文・面接対策-医療テーマの理解-(映像)」などがあります。

 

小論文講座では、講義と答案作成、添削済み答案返却と解説講義を交互に行い、基礎レベルから入試レベルまでレベルアップさせていくことができます。

 

個別指導ではないため、一人一人へのサポートは弱くなってしまいますが、その分、信頼できるプロの講師による分かりやすい講義が強みです!

 

また、医系小論文・面接対策では、医学部受験において、よく出るテーマに関する知識をつけていくことができます。

 

まとめ

小論文は、対策なしに入試で合格点を取れるものではありません。

 

しっかりと小論文について学び、実際に小論文を書き、ひとに添削をしてもらいましょう。

 

まずは、気になる塾・予備校に問合せをしてみてください。